医療保険と必要書類 医療保険を請求するにあたりは必要書類が必要になるはずです。保険会社に連絡をしてから、だいたい保険会社が用意している請求書類が送られてきますのでそちらに必要書類の案内が書かれた紙もいっしょに同封されている事も多いものです。そちらを確認してもいいそうはいっても、だいたい必要書類として準備しなくてはいけないのが、医療保険の保険証券、給付金請求書、入院診断書、事故証明ようなことになりましたよね。 中でも給付金請求書や入院診断書は保険会社が指定している用紙を使うことになっているのです。入院診断書はその紙をもって入院していた病院の先生に提出をして描いてもらう必要があるのです。その日にすぐに書いてもらえると言うわけではなく、病院によって違っていますが一週間から3週間ほどかかることもありまた取りに行くか郵送で送ってもらわなくてはいけないケースがほとんどです。 また、診断書を書いてもらうのにはお金が必要となることもありますので注意して下さいね。例えば入院日数が少なくて給付金を計算すると四千円だったという場合に、入院診断書が5000円だった場合には、これは医療保険を使わない方が良いというような可能性もあるかもしれませんから、そのあたりはよく考えたうえで医療保険の請求をするのがいいかもしれません。 医療保険請求の時に必要な書類は各保険会社によっても違っているので、良くチェックしたうえで不備の内容にそろえるとスムーズに給付金を受け取る事が出来るはずですー